日本一美味しい米が手に入る!?

日本一の米、特A級米とは!?

特級について知っておくと米を買う時に基準が分かるよ!

日本人にとってなくてはならない食べ物である米ですが、今その品種はなんと約400種類とも言われています。新潟県の「コシヒカリ」や岩手県の「ひとめぼれ」などが有名ですよね!さらに、最近ではTV番組の企画でも米を作ったりなど、品種改良によりその種類はどんどん増加しています。
それでは一体、日本一美味しい米の品種とは何なのでしょうか?
そもそも米の美味しさは、食味ランクによって1等米~3等米に階級ごとに分けられていますが、その頂点に立つのが1等米のさらに上、「特A級米」です!!なんだか名前からスゴイ雰囲気がしますよね。
この特A級米に指定されている米ですが、その判断基準は「外観・香り・味・粘り・硬さ・総合評価」の6段階に分けられています。米の通販サイトや販売店では、やはり手ごろな値段で美味しい米が人気ですが、たまには贅沢に、特A級米を食べてみてはいかがでしょうか?

食べてみて!茨城県内の絶品白米

隠れた美味しい米を食べてみたくなる!

日本人には欠かせない、米。炊き立ての白いご飯なら何でもいいというものではなく、収穫地や銘柄によって美味しさは異なります。どうせ食べるなら、日本一美味しい米を食べてみたいものです。おすすめのおいしい米はどんなものがあるのでしょうか?
食べたときに美味しいと感じる米は、米の甘み・粘り、香りがいいことでしょうか。この3つが揃っていればおいしく感じるでしょう。それには、きれいな水と気温が大切な要素となります。あきたこまちが有名なように、米は暖かい土地よりも、寒い土地のほうがおいしく育ちます。昼と夜とで寒暖の差が大きいと米に粘りや甘さも出てよい風味となります。隠れたおすすめは、茨城県の大子町の米です。こちらの炊き立ての米は、白く輝き、モチモチとした触感・甘味、鼻から抜ける香りの3拍子が絶妙にそろっています。関東ですが、東北に近い土地に位置し、澄んだ水と昼暖かく夜冷える気候が米に栄養を蓄えてくれます。近くへ行ったらぜひ食べてみたい米の一つです。

日本一美味しい米って何?

たくさんの品種の中で日本一の米はどこなんだろう…。

日本には代表的な米の品種としてコシヒカリやあきたこまちがありますが、それ以外にも多種多様な米の品種が販売されています。その中で気になってくるのが「日本一美味しい米はどれなのか?」というところです。
これに関しては現時点で金賞を獲得している「ななつぼし」が日本一であると評価されていて、実際に食べた人たちからの評判も非常に高い美味しい米になっています。ほかにも食感や甘味・炊き上がりの感じなどで色々なランキングがあり、総合的な部分では「ななつぼし」がトップなのですがそれ以外の分野にもそれぞれ日本一だろうと評価されている米があります。
そのためその人によってどれが日本一なのかと言うところが好みによって異なっているので、ランキングなどで上位に入っている米を食べ比べながら自分にとっての日本一を見つけてみると言うのもおすすめです。

日本一美味しい米を食べたいと希望する方におすすめ情報

これは知っておいて損はないですよ♪ 要チェック!

日本一美味しい米を食べたいと望んでいるならば、さまざまな情報収集を行うことをおすすめします。まずは、米に関する掲示板をチェックして、評判が高いブランドを調べてみましょう。美味しい米をランキングで表示している掲示板もありますので、とても分かりやすくて好評です。また、そのような掲示板には米の価格も明記されていますから、納得して購入することが可能です。産地に関する情報も紹介されているために、安全性を確認できます。
さらに、購入する場合に、米の等級を確認する方法も有効です。収穫された後に、公的機関から等級検査を受けますが、一等や二等などのランクが決められます。米の粒がそろっていることや透明度などが検査の対象となります。炊飯した後の食感に関与しますので、等級をチェックする方法も適しています。

美味しい米はネットでも買える!