米の保存方法

美味しい米を保存するにはこれが大切!

今までの保存方法が間違っているかも!?改めて確認をしてみましょう。

米の保存方法

いつまでも美味しい米が食べられる保存方法を紹介します。この方法は私も、知人から教えて頂きました。通常米(通常5キロ~10キロ程度)を購入すると米櫃に入れるか袋ごとの保管になります。ただ、季節によっては空気に触れる面からカビが生えたり、何もしていなくても美味しさがぐんぐん落ちてしまいます。
そこでこの保存方法です。是非冷蔵庫に余裕のあるときに試してみてください。まず、ペットボトルやジップロック(大きいもの)を用意します。購入した米をそれらに詰め込み、冷蔵庫で保管します。それだけです。こうして保存することで、空気に直接触れることもなく一定の温度で保管される為、カビの発生やダニがつくのも防ぐことが出来ます。
ただし、すべての分量が冷蔵庫に収まるとは思えませんので、半分のみ冷蔵庫に保管し残りを米櫃に保管する方法をお勧めします。
以上、貴重な米を、いつまでも美味しく頂ける保存方法でした。

失敗しない!米を美味しく保存する3つのポイント

米の保存って難しいですよね。虫が湧く、カビが発生するなど困った経験はありませんか?今回は3つのポイントから、美味しさを保つ米の保存方法をご紹介します!
1つ目のポイントは、米を保存する場所です。温度と湿度が低く、直射日光の当たらない暗所が適しています。高温多湿は虫やカビが発生する原因となり、直射日光は米を乾燥させひび割させるからです。また、米は臭いを吸着しやすいため、臭いの強いものの傍には置かない方が無難です。2つ目のポイントは、米を保存する容器です。米は空気に触れると酸化し風味が落ちるため、密閉容器に保存しましょう。米びつを使う場合は、ぬかのこびり付きによる虫の発生を防ぐため、月に一度は掃除するようにします。ペットボトルやチャック付きの保存袋などもおススメです。3つ目のポイントは、保存期間です。秋~冬で2か月、春で1カ月、気温が30度を超える夏は2週間を目途に食べきりましょう。
米はほとんど毎日食べるものです。以上のポイントを守って、いつでも美味しい米を楽しみましょう!

家庭での米の保存方法と取り扱いの心得

毎日の食事に不可欠な米は保存方法を誤ると風味が大きく低下してしまうので注意が必要です。一般の家庭では購入した米を米びつなどの容器に入れて暗所に置くのが普通ですが、米は空気中の湿気を吸い込みやすい特性があるため、容器の置き場所に気を配ることが美味しい米を長持ちさせるための心得になります。米は湿気や匂いを吸収すると品質が大きく低下する他、温度変化にも影響されやすい点を注意します。低温状態が保たれて乾燥している冷蔵庫に置くのが最適な保存方法ですが、事前に庫内を掃除して清潔な状態に保つことが大切です。また、乾燥材を一緒に入れておくことで湿気による品質低下を軽減させることが出来ます。米は精米すると急激に劣化が進むことから、すぐに使い切ることが出来る量だけを購入するのが常に美味しい状態を保つための心得になります。