ブランド米

美味しいブランド米を食べてみない?

人気のブランド米を食べてみよう!

美味しい米を食べ比べ

日本人の食事に欠かせない米、以前はスーパーなどで袋詰めで売られているものが主流でした。しかし、最近はブランド米なるものが流行しており、少量ずつ量り売りするお店も出てきています。米マイスターが厳選した各地の米を購入できるようです。例えば、3合分など一週間で食べきれる量から購入し、気に入ればリピートできますし、色々な銘柄の米を試すことができるのはうれしいですよね。米は湿気にも弱いので、今の時期は特に美味しいうちに食べきれるの量というのははありがたいです。その他にも最近はペットボトルに入った米なども販売されています。ラベルもオシャレで見た目も可愛らしく、インスタ映えすると女性の人気を集めているそうです。こちらももちろん少量での販売になっているので、色々な銘柄を試すことができます。お土産にするにもおすすめですね。

人気抜群の魚沼産コシヒカリ

日本には様々なブランドの米がありますが、その中でも特に人気の高いブランドの一つが、新潟魚沼産の「コシヒカリ」です。美味しい空気ときれいな水に育てられたコシヒカリ。最上級の特Aランクを取得している米で、知名度・人気度ともに日本を代表する米ですよね。福井県と新潟県の共同開発により生まれたコシヒカリは、その土地の古来の名である越国からとったもので、「「越の国に輝く米」という意味合いがあるそうです。長年の開発の成果により、米に含まれている成分のバランスが絶妙で、炊き上がりはつやつや、ふっくらとした弾力、さらに噛んだ瞬間口に広がる甘みがその人気の理由です。他の米に比べて味が濃いので満足感が得やすく、後味もとても良いです。炊き上がりはもちろん、冷めても美味しいコシヒカリ、これからも日本を代表するブランドとして愛されていくでしょう。

秋田美人もたくさん食べてる!?あきたこまち

米大国である私たちの国には、米のブランドがたくさんあります。その中でも美味しいと人気なブランドの一つが秋田県南産の「あきたこまち」です。秋田が誇る絶世の美女、世界三大美人の小野小町の名が由来となっていて、古くから日本人に愛されている小野小町のように日本で一番おいしい米として愛されるようにとの願いを込めてつけられたそうです。あきたこまちは、コシヒカリを掛け合わせて作られた品種で、味がしっかりとした力強さを感じる米です。炊き上がりの薫りは俊逸で、食欲をそそります。粘りが強くてもちもちなので、食べごたえがあると人気です。甘みも強く、濃い味ではありますが、どこかさっぱりとしていてついつい食べ過ぎちゃう米です。、あきたこまちはパサパサしがちな玄米などでもふっくらとしていて美味しく炊き上がるので、健康重視の人にもおすすめですね。